健康管理

野菜入りキャットフードのメリット

猫の祖先は肉食のため、基本的には野菜を摂取する必要がありません。
ペットショップで販売されている「猫草」は栄養目的ではなく、お腹の調子を整えるためだったり、胃を刺激して毛玉を吐くために食べるものです。
室内飼いをしている猫には、運動不足になりがちなため、お腹の調子がすぐれないこともあります。

それを予防するために、わずかでも食物繊維を取る目的として野菜入りキャットフード与えるのが良いでしょう。
猫草を食べることができれば問題ないのですが、猫草を一切食べない猫もいます。
そんな時に野菜入りキャットフードが助かります。

食物繊維を摂取することで便通がよくなり、体調も整っています。
わざわざ野菜入りキャットフード買うなんてと思い、いつものキャットフードに細かく切った野菜を混ぜることは絶対にしていはいけません。
猫はもともと野菜を食べませんので、野菜の消化に適した内臓にはなっていません。
野菜を直接摂取することで消化不良を起こし下痢や嘔吐につながります。

与えてはいけない人間の食べ物もありますので、自己判断せずに、野菜入りキャットフードを活用しましょう。
今は様々なフレーバーがあります。猫のお気に入りを見つけてみましょう。

↓猫に必要な栄養とは