健康管理

総合栄養食のキャットフード

スーパーやペットショップの売り場にはキャットフードがたくさん陳列されています。
その中でも総合栄養食と一般食に分かれている事を知らない飼い主が多いです。
あなたも知らずに一般食をあたえていませんか?
一般食は総合栄養食に比べると若干安く販売されていますので、ご注意ください。

一般食とは、それだけでは栄養が足りないフードのことで、つまりおやつや間食の部類になります。
総合栄養食とは、猫の一日に必要な栄養素がバランスよく配合されているため、フードと水をあたえるだけで健康を維持できるキャットフードのことです。
猫の成長や年齢に合わせて考えられたキャットフードですので、普段はこちらをメインに食事を与えるとよいでしょう。

さらに総合栄養食のなかでも、プレミアムフードとレギュラーフードがあり、お値段や栄養素もかわっていきます。
その違いは、レギュラーフードが人間でいえば大衆食堂で出てくる大量生産料理で、プレミアムフードが有機野菜や無農薬・国産にこだわったレストランのようなものです。
プレミアムフードの総合栄養食のほうが、より猫に適した素材を使っており、ペットショップや動物病院でしか販売されていません。
お値段やどのように猫を育てるかで使いわけていきましょう。