健康管理

おやつとしてのキャットフード

スーパーに行っても猫のおやつは犬のおやつに比べて種類が多くありません。
猫の飼い主もおやつをあげる人は多くないですが、コミュニケーションの手段として使ってみるとよいでしょう。
猫は基本的に総合栄養食といわれるキャットフードを与えていれば、おやつは必要ないようです。

犬はしつけのために、おやつをごほうびとしてあたえることが多いですが、猫はしつけが難しいですし、必要性やタイミングがわからないと感じる飼い主が多いようです。
猫におやつは必要?と聞かれれば、必ずしも要しないが答えです。
ですが、食べることは猫の楽しみのひとつですし、食事の時間以外におやつがもらえるのはとても嬉しいことです。
とくに大好きな飼い主からもらうおやつは特別ですし、おやつがコミュニケーションを深める手段にもなります。

注意が必要なのは、必ず猫用のおやつhttp://spsearch.jp/nekogayorokobu.htmlを与えることです。
人間のたべるものは塩分が多く、猫の病気を引き起こす原因にもなりかねません。
人間のごはんをねだってくる猫はとても可愛いらしいですが、心を鬼にして猫用のおやつをあたえるようにしましょう。
おやつを手作りする場合も慎重に対応しましょう。
何かあってからでは取り返しがつきませんからね。