健康管理

目的食のキャットフードって?

目的食のキャットフードとは、栄養素やエネルギーを補給するためにメインの食事とは別に与えるキャットフードのことです。
おやつやふりかけタイプの副食(一般食)は、栄養を補給するというよりも、特定のキャットフードに飽きてしまったときにトッピングをして味を変えてみたり、猫のとのコミュニケーションに利用されることが多いです。
他に特定の病気への改善を目的とした食事療法で、栄養が調整されている「療養食」、手術後などカロリーの補給を目的として「栄養補助食」があります。

スーパーなどで手に入りやすいのは、毛玉ケア用キャットフード・ダイエット用キャットフード・尿路疾患用キャットフードなどがあり比較的お手頃な値段で購入することが可能です。
療養食や栄養補助食は、病気治療の目的がありますので獣医師の診断にしたがってあたえます。
なぜなら特定の症状を改善するために、別の臓器に負担がかかる療養食もあるため慎重に経過観察をする必要があるためです。

スーパーで販売されている目的食は効果が小さいため、それほど深刻な症状になりませんが、動物病院やペットショップで販売されているプレミアムフードの療養食は注意が必要です。
最近ではインターネットで療養食を購入でき、動物病院より安いため利用率が高まっていますが、自己判断だけはしないようにしましょう。