健康管理

健康管理はキャットフードで安心

昔、キャットフードがなかった時は飼い主がごはんを手作りしていました。
お米に魚、かつお節、かまぼこなどを乗せて与えていたようです。
しかし、これでは猫に必要な栄養素は全く足りませんので、昔の猫の寿命は大変短く5歳~7歳程度でした。
10歳をこえると「ご長寿猫」と呼ばれたそうです。

現在は室内で適度な運動と食事を与えていれば、持病や病気にかからない限り10歳を超えるの当たり前で、15歳以上生きる猫も普通になってきました。
ご長寿猫が増えるようになった理由は様々ですが、1番は栄養バランスの良いキャットフードが充実したことでしょう。
日本のメーカーが猫のために研究を重ねた「総合栄養食」というキャットフードは、猫に必要な栄養素がしっかり配合されており、これさえ与えていれば猫はすくすくと成長します。

最近では猫の健康維持のために、持病の改善や病気予防を考えられたキャットフードも多いです。
猫の年齢に合わせたキャットフードもありますので、猫の成長に合わせて健康管理が可能になりました。
ドライタイプ、モイストタイプ、ウェットタイプといった食感の変化も楽しみながら水分補給が可能なタイプもあります。
猫の適切な運動と、バランスのとれたキャットフードで健康的な毎日を送ってもらいましょう。

たまには馬肉入りのキャットフードなんてものもどうでしょう。