健康管理

便秘改善用のキャットフード

室内飼いの猫は便秘になることがあります。
人間でも便秘はとても辛いものですが、猫は人間のように体の不調を訴えることができません。
猫は自分の不調を隠そうとする習性もありますので、最近うんちの頻度が少ないなとおもったらすぐに病院へ行って診てもらいましょう。

自宅でできる対処としては、便秘改善用のキャットフードを与えることです。
キャットフードの成分をまずチェックします。
「粗繊維」と書かれていれば、食物繊維が豊富なキャットフードです。

毛玉ケア用やダイエット用のキャットフードに多く含まれています。
ただ便秘ならなんでもかんでも「粗繊維」のキャットフードを与えればよいというものではありません。
「粗繊維」は食べ物の繊維ですので、ほとんど消化されません。

猫のうんちが元々固い時に、「粗繊維」を与えるとさらに固くなり余計便秘が悪化してしまいます。
うんちが固い猫には、水溶性繊維質のキャットフードを与えるようにしましょう。
ちょっと高くなりますが、療養食とされている「消化器サポート可溶性繊維」がおすすめです。
他にも猫が水を沢山飲むように水を頻繁に取り替えたり、ドライフードを水でふやかして与える工夫もよいでしょう。