健康管理

キャットフードに入れてはいけないもの

猫のキャットフードは総合栄養食といって、猫に必要な栄養がすべて凝縮されているものを与えいていればとくにおやつや補助食を与える必要はありません。
キャットフードにもいろいろなタイプがありますが、猫は人間の食べ物に興味をもつことがあり、可愛い猫にねだられるとどうしても与えたくなりますが、与えたあとに苦しむのは大切な猫のほうなのです。
猫には「キャットフードに入れてはいけないもの」が必ずあります。

例えば、ねだられることの多い魚類。
塩や醤油がついていないことを確認し、少量な問題ありませんが、丸々一匹あたえることはいけません。与えすぎると「黄色脂肪症」という病気になる場合があります。
他にイカ・タコ・エビが好きな猫も多いですが、消化が悪いため下痢になることあります。

猫は甘みを感じないと言われていますが、なぜか甘いモノが好きな猫もいます。
糖尿病や虫歯の原因になりますので、避けるようにしましょう。
人間用の牛乳も猫にとっては危険な飲み物です。ラクトースという成分を分解できず下痢になります。
ちょっとくらいいでしょ?って思うかもしれませんが、あとで大変な目にあうのは猫自身ですし、体調が悪くなった猫の看病も大変です、健康で長生きをしてもらうためにも、安全なキャットフードを与えるようにしましょう。